野口悠紀雄『戦後日本経済史』(新潮選書)

今週は
 (中学入試+大学入学共通テスト)×コロナ
で、わけわからん1週間となりました。しんどすぎ・・・。

 

というわけで、そんな中で授業準備のために10年ぶりくらいに読み返したのが『戦後日本経済史』。中公新書のベストセラー『1940年体制』を戦後史というスパンから整理したもので、2008年の刊行である。

帯には「比類なき経済成長を成し遂げ、石油ショックにも対処できた日本が、バブル崩壊以降、ジリ貧なのはなぜか?」とある。
日本経済はこのときからさらに14年経っても、この問題から抜け出せていない、ということだ。もう日本経済は、取り返しのつかないところまで来てしまったのではないか、と思わざるを得ない。

本書を読んで思うことが3つ。

(1)「一生働いてもマイホームに手が届かない。しかし、土地ころがしをすれば、労せずして巨万の富を手にできる。およそ何が不道徳といって、勤勉に働くことが正当に報われず、虚業と浮利と悪徳商法が際限ない富をもたらすことほど不道徳的な事態はない。これは人間の尊厳を傷つけるものだ。
 そして、実際、日本経済はバブルによって大きな損害を蒙った。この時代の経済力をもってすれば、日本人はもっと豊かな生活を実現できたはずだ。しかし、バブルによって資源配分が歪んだため、それが実現せずに終わった。「バブル時代が懐かしい。再来を望む」という人がいる。その愚かさに、私は怒りを覚える。
 80年代後半の日本は、ソドムとゴモラの町より道徳的に退廃した。神の鉄槌が振り下ろされたのは、当然のことだ。」(171頁)

(2)安倍晋三という人は、岸信介の政治思想的な面しか見ておらず、経済思想についてはまったく理解できていなかった(しようとしなかったのか、できるだけの能力がなかったのか?)。

(3)10年経っても読むに足る本は、やはりいい本だと思う。同じころに書かれた竹○平蔵氏の本がその隣にあるが、残念ながら、なかなか笑える。

(こ)

岩田慎平『北条義時』(中公新書)

せんせいのお薦めに心惹かれ,『塞王の楯』を読み始めてしまった。
おもしろい! そして,分厚い!
直木賞発表までに読み終えられるか・・・。

---
さて。

大河ドラマの主人公が北条義時なのだけれど,実はよく知らない。どういう生涯を送った人なのか,本当によく知らない。そこでちょっと勉強。岩田慎平『北条義時』。

この時期,名だたる研究者の方々がいろんな入門書を出しているけれど,まあ迷ったときの中公新書ということで読んでみた。

「はじめに」にも書かれているが,武家政権における二代目というのは,初代と三代目との間に挟まれて,どうしても影が薄くなる。源頼家しかり,足利義詮しかり,徳川秀忠しかり。北条家も,時政(初代)や泰時(三代目)に比べると,義時(二代目)というのはやはり影が薄い。

本書は,そのような義時の生涯を「吾妻鏡」などの史料を参照しながらまとめたものであり,いわば義時の評伝ともいうべきものである。

・・・というか,とにかく登場人物が多い。この時代,これだけの人が歴史の表舞台に立ち,そしてその多くが消えていったのだなあ,と感慨深くなる。

義時の生きた時代だけでなく,保元の乱の頃から義時の死後に至るまでの動乱を,丹念に描き出した力作でもある。おもしろかったのと,あと頭の整理のため,結局2回読んだ。

f:id:raku-napo:20220116083253j:plain

岩田慎平『北条義時


(ひ)

山本健人『すばらしい人体』(ダイヤモンド社)

 今日は共通テスト初日&京阪神中学入試の解禁日。
 コロナ禍の中での受験シーズン到来です。今年こそはコロナも終息するのかな。
 今週はこまごまと本を読んだのですが、しっくりくるものがなかったので、報告みたいになってしまいますが。

 この『すばらしい人体』は、かなり売れているらしく、子どもが読むかな、と思って買いました。「へんないきもの」シリーズをイメージしていたのですが、なんのなんの、ひたすら字ばっかりです。
 だいたい、人体の話をするのに、微妙な挿し絵がときどきある程度で、図版もほとんど使わずに、ひたすら活字で説明するなんて・・・。

 当然、子どもは「いら~ん」とそっぽを向いてしまい、私の手元に戻ってきてしまいました。
 中身はおもしろいんですよ、興味深い。

 ただ・・・なんていうのかなぁ・・・たしかに図版をたくさん使うと、時間もかかるし費用もかかる。だからなんでしょうね。
 でもね・・・。

 どうしてこうなったのかというと、結局、通勤の帰りに立ち寄れる書店がつぶれてしまったので、アマゾンのベストセラーってやつの中からレビューなんかで見ながら、表紙がかわいいだけに中身もこういうイラスト満載なんだと勘違いして、ぽちっとボタンを押してしまった。

 ほんとうに出版不況は深刻なんだと思います。
 そしてこういう客が増えるから、ますます街角から書店が減っていく。

 繰り返しますが、中身はほんとうにおもしろかったんですよ。
 でも、なんだろうな、この後味の悪さと、さみしさは・・・。

(こ)

柚月裕子『ミカエルの鼓動』(文藝春秋)

いえいえ,守備範囲だなんて・・・(笑)。
直木賞は読書の世界の大イベントなので,どんどん盛り上げていきましょう!
『黒牢城』,おもしろかったです(正月に読んだ)。

---
さて。

大学病院を舞台にした,久々の大作である。柚月裕子『ミカエルの鼓動』。

北海道中央大学病院の心臓外科医・西條。手術支援ロボット「ミカエル」の第一人者である彼のところに,ドイツ帰りの天才医師・真木が現れた――。

大きく分類すると医療ミステリ(社会派ミステリ)ということになるのだろう。特に,手術等の詳細な描写は読んでいて引き込まれる。もっとも,本作の魅力はそれにとどまらない。特に,主人公の造形がよい。必ずしも100%の正義のヒーローというわけではなく,むしろ自らの選択に葛藤し,苦悩する。これこそが本作の真のテーマといってよいのかもしれない。

メインキャラが1人を除いて全員男性であって,今の時代,若干気になるが(しかも医師は研修医を含めて全員男性),でもよく考えると柚月さんの作品はこれまでも男性ばっかりの話であった。『孤狼の血』シリーズなんて男くささ満開である。

2回目の直木賞チャレンジ,どうなるか――。

f:id:raku-napo:20220108091945j:plain

柚月裕子『ミカエルの鼓動』

 


(ひ)

今村翔吾『塞王の楯』(集英社)

 10年ほど前に「ほこ×たて」というバラエティ番組があって、「絶対○○なもの」どうしが対決してどちらが勝利するか、というもので、けっこう好きだった。

 本作品は「絶対に落ちない石垣」と「絶対に落とす鉄砲」が対決する。
 舞台は太閤亡き後の天下分け目の戦いが始まった、伏見城、そして大津城である。近江・穴太(あのお)衆の「塞王」源斎とその後継者・匡介、そして同じく近江の国友衆の「砲仙」彦九郎とが、激しく至高の業で激突する。

 匡介が改修を施して完全な要塞と化した大津城に立てこもる3000の京極勢と、それを取り巻く西軍の4万の大軍。美濃での決戦の時まで西軍を足止めできるか。穴太衆が城を強くすれば、西国無双・立花宗茂や彦九郎たちはそれを無力化にかかる。それを見てさらに匡介は次の手を打つ。まさに息もつかせぬ攻防が繰り返される。

 彼らの対決を取り巻く登場人物の激突も、とても魅力的である。穴太衆「飛田屋」の面々、大津宰相・京極高次とその妻・初、侍女の夏帆、京極家の人々、西国無双・立花宗茂甲賀衆、などなど。けっこう胸アツなシーンが最初から最後まで続く。

 552ページ。
 直木賞については大先生の守備範囲だとは思いつつ、あまりにおもしろかったので、つい・・・。

(こ)

彩瀬まる『新しい星』(文藝春秋)

どうせなら普段は読まないような本を,と思って選んだのがこちら。彩瀬まる『新しい星』。

8編の小作品からなる連作短編集である。

就職して,結婚して,子育てをして・・・という人生は「普通」なのか。「普通」から一度でも脱落してしまうと,もはや幸福な人生は歩めないのか――。4人の主人公は,悩み,もがきながらも,毎日を懸命に生きていく。

若いころ,というか子供のころは,とにかくパァーっと明るい作品ばかり読んでいた。でも大人になるにつれ,徐々に,切なくて悲しくて,それでいてどこかやさしい雰囲気の漂う作品にも惹かれるようになってきた。嗜好の変化,といってしまえばそれまでなのだろうけれど,まあ人生いろいろあるよね,という視野の広がりが影響しているのかもしれない。

多くの人がこの作品を手に取れば,世の中がほんの少し,やさしい社会になるかもなあ,などと思いながら読み終えた。

f:id:raku-napo:20211225112319j:plain

彩瀬まる『新しい星』

 


(ひ)

門井慶喜『地中の星』(新潮社)

新年あけましておめでとうございます。
今年もよい本との出会いに恵まれますように。

最初に読んだ門井慶喜氏の本は、『家康、江戸を建てる』だった。名もなき人たちがそれぞれの持ち場で最善を尽くすことで、江戸の礎が築かれたという、400年前のプロジェクトXである。その後、宮澤賢治の父や、ヴォーリス、板垣退助など、いろんな人に脚光を当ててきている・・・が、正直、最近の作品はちょっと食傷気味であったことも事実。

本作品は、タイトルからも想像がつくように「地上の星」ならぬ「地中の星」の物語であり、日本最初の地下鉄(東京メトロ銀座線)の建設をめぐる、早川徳次(のりつぐ)の一代記が、彼を支えた6人の現場監督たちやライバル五島慶太とともに描かれる。やはり彼には、原点に戻ったかのようなプロジェクトX系が似合う。

さぁ、今年も、前を向いて、がんばろう。

地中の星

地中の星

Amazon

(こ)