繁田信一編『御堂関白記』(角川ソフィア文庫)

紫式部紫式部日記」、道綱母蜻蛉日記」、行成「権記」、実資「小右記」と読んできた日記シリーズ。いよいよラスボス、藤原道長御堂関白記」の登場である。さすがに分量が多いので、これも「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」シリーズで読むことに。

かっちりと客観的事実を記録する行成「権記」や、細かいけれどグチも多い実資「小右記」と比べ、この「御堂関白記」は、何だかざっくりとしたメモ書きのようなものが目立つ。

例えば長保元年9月20日の日記は「今朝初霰降」(今朝、初めて霰(あられ)降る)の5文字だけ。長保2年1月14日に至っては「無殊事」(殊なる事はなし)というたった3文字である。いかにも億劫そうな様子が目に浮かぶ。

基本的に漢文で記されているのだけれど、文法も漢字もしばしば怪しくなる。寛弘8年6月22日、一条天皇崩御の日記には「崩給」(崩じ給う)と書くべきところを「萌給」と誤記。萌えてどうする。わりと大雑把な人だったのだろうか。

かなりの頻度でひらがなや万葉仮名が用いられているのも目立つ。解説には「漢文の読み書きに堪能ではなかった道長は、ついつい話し言葉をそのまま書いてしまうことが少なくなかったのだろう。」(349頁)とある。

日記の節々に出てくる登場人物は、もはやおなじみの面々ばかり。藤原為時もたまに登場(寛弘6年7月7日、寛仁2年1月21日)。今では紫式部の父としてのみ知られる為時も、当時は彼自身が著名な詩人であった。

1000年も前の実質的な最高権力者の日記が自筆で現存しているというのは、これ自体、奇跡に近い。道長の人となりがほんのり伝わる面白い日記であった。

繁田信一編『御堂関白記』(角川ソフィア文庫


(ひ)

吉川祐介『限界分譲地』(朝日新書)

大先生が平安時代にはまっていらっしゃいますね、私も大河ドラマの方は楽しく拝見させていただいておりますが、あちこちにオマージュが埋め込まれていて、知識があるとなしとでは大違い(なくてさみしい)。

 

今週の新書は「限界分譲地」。「限界ニュータウン」の存在を世に知らしめたブロガー吉川氏による書き下ろしである。戦後の開発ブーム、あるいはバブル期に、居住以外の目的で開発された大都市郊外の分譲地や別荘地の中には、放棄された空き地が虫食い状に広がっているところがある。水道や街灯などのインフラも自治会で運営しているところも少なくないため、その維持がきわめて困難になっているところもある。売却しようにも買い手がつかないらしい、そりゃそうだろう。
ただし、限界分譲地にもいろいろとあるらしく、中には少々の不便はあっても一戸建てが格安の値段で手に入るということで、人気物件もあるのだそうだ。新潟県湯沢町のリゾートマンションの例も紹介されているが、意外に「負動産」は少ないとのこと。

著者は千葉県の限界分譲地で暮らしながら、成田や九十九里方面を中心に取材して発信を続けている。単に限界分譲地をおもしろおかしく取り上げるのではなく、その実態をいろいろな視点から掘り下げており、知らないことだらけでとても興味深く読み進められた。

 

昨日、東証の株価が34年ぶりにバブル期の最高値を更新した。バブルによって傷つき失われたものは、あまりにも大きかったということでもある。

(こ)

榎村寛之『謎の平安前期』(中公新書)

どっぷりとハマった平安時代という「沼」。しばらくは抜け出せそうにない。今回読んだのはこちら。榎村寛之『謎の平安前期』。

約400年にわたる平安時代。このうち前期に相当する約200年について論じた本である。

本書に「知られざる平安前期」ともあるように、確かに平安前期というのは印象が薄い。藤原道長とか紫式部とかはおおむね平安時代の折り返し点を超えた、いわば平安後期の人たちである。本書は10のテーマを立てて、この平安前期という謎めいた時期を語りつくす。

各章のタイトルは「すべては桓武天皇の行き当たりばったりから始まった」(第1章)、「男性天皇の継承の始まりと『護送船団』の誕生」(第4章)、「紀貫之という男から平安文学が面白い理由を考えた」(第8章)などと、軽妙で興味深いものが並ぶ。ただし中身はかなりハード。大学受験以来、忘れかけている知識を思い出しながら読み進めていく。

平安前期というのは、奈良時代律令国家・中央集権国家が変革していった時期であった。全国の土地を国有化(班田)して税収を上げる時代から、やがて国衙領と荘園の二重体制からなる「小さな政府」へと変化していった。

筆者によれば、8世紀の日本は、中国の律令制が日本という「新しい国」にどのように適合できるかという壮大な実験であり、「サイズの合っていない、新品の服を着た子どものような律令国家」であったという(266頁)。律令制的支配体制は「日本」という外枠を規定することができたが、その内側では「実体に合わない仕組みをどのように適合させるのか、多様な実験が各階層で行われていた」(267頁)。平安前期とは、まさに変革と挑戦の時代であった。

他方、8世紀には男性とともに国家を支えていた女官の役割が、平安時代に入ると次第に見えなくなり、その名前すら伝わらなくなった。紫式部清少納言は有名であるが、実名すら分かっていない。著者は、王朝時代の女性文学が華やかに発展したのは、女性の活躍する場が増えたからではなく、むしろ宮中で活躍できる場が少なくなり、サロンの中に集約されたためと指摘する。

榎村寛之『謎の平安前期』(中公新書

春増翔太『ルポ 歌舞伎町の路上売春 それでも「立ちんぼ」を続ける彼女たち』(ちくま新書)

毎日新聞社会部記者による良質のルポ。新聞記者の本領発揮というところだろう。ただしこういう記事は、おそらく金にはならないだろう、とも思う。私たちは、いつまでこういう記者によるこのような文章を読めるのだろうか。

本書の主役は4人。ユズ・モモ・レイという3人の女性と、支援NPOの男性(坂本さん)である。3人以外にも多くの女性が登場する。彼女たちへのインタビュー、つかず離れずの取材、ホスト、妊娠、入院。そして貯金を切り崩しながら彼女たちに寄り添い続ける坂本さん。よくある大学の先生の解説や大きな話はない。淡々と、彼女たちの姿が描写されつづける。その抑制のきいた取材姿勢と記述が、事態をありのままの姿で読者に放り投げる。どう考えるかは読者に委ねられる。読後、ずしりとくる。

 

トー横キッズ、という言葉を耳にしたのはいつのことだったか(大阪にはグリ下ができた)。こどもたちが光に集まる蛾のように集まって、無防備に夜の街に放り出される。そして歌舞伎町の大久保公園のこともちらほらと耳にするようになった。素人の女性が路上に立つ。報道ではどちらかというと、ホストに狂った女性の自己責任論が目立つように思う。警察の取り締まりやホストクラブ規制は解決にはつながらない。このように日本社会のセーフティネットが抜け始めたというのは、「脱貧困」あたりから警鐘がならされ続けてきたけれど、開いた穴がふさがる兆候はない。

港区女子と歌舞伎町の彼女たち、京都のおじさんには、どちらも同じように見える。一日中真面目に働いても6000円にしかならない現実の前に、彼女たちは1万5千円を手にできる路上に戻っていった(その金額が港区では高いだけだ)。彼女たちを消費する男性がいる限り、この構造は変わらない。そして、東京という街は、日本中から若い女性を収奪し、この国の未来を着実に食いつぶしている。

(こ)

小町谷照彦『藤原公任 天下無双の歌人』(角川ソフィア文庫)

道綱母蜻蛉日記」、行成「権記」、実資「小右記」ときたので、次は藤原公任である。といっても公任は著名な日記は残していないし、「和漢朗詠集」は選者にすぎない・・・などと思っていたら、手頃な評伝が出ていたので読んでみることに。小町谷照彦『藤原公任 天下無双の歌人』。

公任の生涯を、多数の和歌とともに紹介する人物評伝である。

摂関家の嫡男として生まれた公任。もっとも父・頼忠の関白就任は才覚ではなく、藤原兼通の「きまぐれ人事」であったという。とはいえ関白の子。順調に出世すれば公任も摂関の道を歩む可能性があったものの、同い年の藤原道長の存在があまりにも大きく、結局、公任はその「惑星」の存在にとどまった。

他方、漢詩・管弦・和歌などの才能はすぐれていた。中でも中心となるのは和歌の面である。著者は公任は「正統な和歌史の継承者としては、貫之と定家の中間に立つ人物」であり、「次代の和歌史の展開の基礎をつくりあげた」と評する(291頁)。

ところでこの公任、「枕草子」と「紫式部日記」の双方に登場している。

枕草子」では、清少納言に対して「少し春ある心地こそすれ」という歌の下の句を贈り、その応答を求める。清少納言は「空寒み花にまがへて散る雪に」と返す。どちらも「白氏文集」の詩句を踏まえたという、機知にとんだやり取りである。

紫式部日記」の方では、敦成親王五十日の儀で、酔った公任が「あなかしこ、このわたりに若紫や候ふ」と発言。・・・これ、大河ドラマでもやるよね?

小町谷照彦『藤原公任 天下無双の歌人』(角川ソフィア文庫

宮島未奈『成瀬は信じた道をいく』(新潮社)

はい、続編です。
買って読んだ後、近所の書店でサイン本を発見した。なんか悔しい。

 

膳所から世界へ!」
成瀬あかり女史、今回も縦横無尽の大活躍。

近所のスーパーでレジバイトしながら、小学生と街をパトロール。受験を終えて応募したびわ観光大使に就任し、「昨年」開通した北陸新幹線で金沢へ、そうかと思えば、2025年の大晦日には東京へ(ちなみに最終のぞみに乗れば膳所着は23時48分、この設定は可能)。

一気に読了。レビュー不要。文体も展開もすばらしい。
NHKが土曜ドラマ枠で実写化するんじゃないか?

 

なお、変わったキャラクターという設定だけれど、スペックは、
膳所高から京大理学部現役合格、暇つぶしに読むのがファインマン物理学、びわこ大津観光大使、ゼゼカラでM-1参戦と地域おこし、けん玉プロ級、老若男女問わずコミュニケーションがとれて、めちゃくちゃ気が利く」

・・・息子の彼女になってくれんかな。

 

(こ)

倉本一宏編『小右記』(角川ソフィア文庫)

「あれ」って何だろう・・・あれの続編かな・・・
せんせいのレビューを楽しみにしています。

---

藤原実資については「是々非々で押し通す、ちょっとクセの強い男」というイメージを勝手に抱いていた。大河ドラマ「光る君へ」では誰が演じるのだろうかと思っていたところ、なんとロバート秋山。思い切ったキャスティングで、期待が持てる。

さて、藤原実資といえば日記「小右記」である。大河ドラマに合わせるかのように「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」シリーズで出たので、読んでみることに。編者はこれまた倉本一宏先生。

全784頁。同シリーズの中では稀に見る分厚さである。

客観的事実を淡々と記していた藤原行成「権記」とは異なり、意外にも喜怒哀楽の感情がよく記されている。というかボヤキが多い。それも「何とせん、何とせん」(寛仁2年6月4日)、「嘆くべし、嘆くべし」(長元5年12月20日)など繰り返しを用いたボヤキが目につく。生の声が伝わってくるようである。

登場人物も種々に及ぶ。公家だけでなく、「去ぬる夕、女房〈越後守為時の女(むすめ)。…〉に相遭ふ。」(長和2年5月25日)として、紫式部も登場。彰子と実資とを取り次いでいたらしい。彰子の出産、そして敦成親王五十日の儀などといった「紫式部日記」で描かれていた出来事が「小右記」にも出てくる。同じ場面に居合わせたのだと思うと、ちょっと感慨深い。

道長が「この世をば・・・」と詠じたエピソードも書き留められている(寛仁2年10月16日)。道長自身の日記「御堂関白記」には記載がなく、実資が「小右記」に記したからこそ、後世に残ったという。

なお、「権記」に引き続き、解説は分かりやすく、かつ軽妙である。・・・それにしても「無能で有名な道綱」(277頁)って、ちょっとひどすぎませんか(笑)。

倉本一宏編『小右記』(角川ソフィア文庫

(ひ)