峰岸純夫『享徳の乱』(講談社選書メチエ)

ゆうきまさみ『新九郎、奔る!』の最新刊では「享徳の乱」が佳境を迎えつつある。

享徳3年(1454年)12月、鎌倉公方古河公方)の足利成氏(しげうじ)が関東管領上杉憲忠を誅殺。以後、30年近くにわたって続いた関東の内乱である。

この「享徳の乱」を描いたコミック、というか小説・映画も含めた作品は極めて珍しい。興味を持ったので、より深く知ろうと読んでみた。峰岸純夫『享徳の乱』(講談社選書メチエ)。

本書の「はじめに」のサブタイトルは「教科書に載ってはいるけれど……」というものであり、これが現在の「享徳の乱」の認知度をよく現わしている。戦国時代の始まりとしては、「応仁の乱」の方がはるかに有名であろう。しかし筆者は、「享徳の乱」は、単に関東における古河公方と上杉方の対立ではなく、その本質は室町幕府足利義政政権)が古河公方打倒に乗り出した「東西戦争」であり、この乱こそが、戦国時代の開幕として位置づけられるべきではないか、とする。

文明8年(1476年)には上杉家有力家臣の長尾景春鉢形城にて挙兵し、反乱。翌年には幕府方の拠点・五十子(いかっこ)を陥落させる。享徳の乱、第2ステージへの突入である。長尾景春は扇谷上杉の家宰・太田道灌に決起を促すが、太田道灌はこれを拒否。こうして上杉・幕府方の内部でも紛争が激化し、関東の混乱は広がる。

やがて、足利成氏と上杉氏の和睦が成り、次いで足利成氏と幕府との和睦が成って、享徳の乱がようやく終わる。

本書では、乱のその後についても言及する。「享徳の乱」の後、関東は越後長尾(上杉)・武田・北条という関東の外に成長した戦国大名による「三つ巴の争覇の草刈場」となる。関東の中からは、ついに戦国大名は現れなかった。

ところで、本書の「あとがき」に書かれた日付は「2017年9月20日」。筆者は1932年生まれなので、なんと御年85歳での執筆である。お元気!

峰岸純夫『享徳の乱』(講談社選書メチエ


(ひ)

青山美智子『月の立つ林で』(ポプラ社)

「竹林からお送りしております、タケトリ・オキナです。かぐや姫は元気かな」

 

月をテーマに毎日10分間配信されるポッドキャストを聴く、5人の物語。

看護師を辞めた姉と、役者を志す弟。
かつて弟とコンビを組み、今も芸人を続けている地方出身の男。
娘が突然妊娠→結婚して家を出てしまったバイク整備士の父。
離婚した父に似ている自分を疎む母から離れたい娘と、離婚した父と一緒に暮らす同級生。
人気が急上昇しひとりの時間を求めて家族との関係がギクシャクし始めたアクセサリー作家。

5つの物語が、タケトリ・オキナの「ツキない話」を介して、満ち欠けを繰り返す月のように、再生し新たな一歩を踏み出していく。

タケトリ・オキナとは何者なのか。

 

猫だったり、神様だったり、カフェだったり、図書館司書だったり(エスキースは作風が違ったけれどコンセプトは変わらない)、それぞれの物語が少しずつ重なり合い、最後に一気に伏線が回収される、青山作品のいつものパターン。

 

忙しくて渇いてきた心に、今回も効いた。明日からまた、がんばれる。

(こ)

矢樹純『不知火判事の比類なき被告人質問』(双葉社)

第168回直木賞は小川哲さんの『地図と拳』と、千早茜さんの『しろがねの葉』に決まりました! ・・・それにしてもあんな分厚い本、よく獲ったな~。

そして同じく今週発表された本屋大賞ノミネート作品10作! 当ブログで紹介した中からは、凪良ゆうさんの『汝、星のごとく』、一穂ミチさんの『光のとこにいてね』、それから小川哲さんの『君のクイズ』がノミネート入りしました。小川哲さん、直木賞とは別の作品でノミネート入りです。すごい。

---

竹野内豊が月9ドラマ「イチケイのカラス」で裁判官を演じたと思ったら、次は北川景子が同じく月9ドラマ「女神の教室」で裁判官を演じている。そして「イチケイのカラス」の方は映画が上映。一体どうなってんの?と思っていたところ、こんなミステリを発見。矢樹純『不知火判事の比類なき被告人質問』。

横浜地方裁判所の裁判官・不知火(しらぬい)春希。検察側・弁護側が激しく争う法廷で、彼の放った一言が、法廷の空気を大きく変える。真実は――。

5つの作品からなる連作短編集である。

「私」こと裁判傍聴ルポライター・湯川和花が関係者にインタビューし、裁判を傍聴し、いよいよ隠された真実が明らかになる、と思われたところで不知火判事が「比類なき被告人質問」を行い、それまで見えていた景色が一変する・・・というのがこの作品のフォーマットである。

ミステリとしてはいわゆる「安楽椅子探偵」物に分類されるのであろう。探偵が現場に直接赴くことなく、関係者からの話だけで推理をする。もっとも本作は、主人公が裁判官であり、裁判官は法廷で接した情報のみで推理をし、推理は被告人質問という形で披露されるなどといった点で、まさに他に類を見ない作品となっている。

描写される裁判手続には多少のツッコミどころもあるものの、読み進めるにつれてだんだん気にならなくなってきた。いろいろチャレンジングな作品でもある。続編、希望。

矢樹純『不知火判事の比類なき被告人質問』(双葉社


(ひ)

アルテイシア『59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋』(幻冬舎)

「……アムロか?」――それが出会い(実話)。

2004年11月、「mixi」のブログに日記の連載が始まった。モテ系キャリアウーマンとモテないオタクの恋物語である。話題となったこの恋物語は、翌年アッという間に書籍化され、映画化やドラマ化もされた。藤原紀香陣内智則を結び付けたのが本書である。

(最初はそういう本だと思ってましたよ、はい。)

さて、このアルテイシアさんが、先日の共通テストを前に「痴漢チャンスデー」への対策を警察や鉄道会社に要請し、痴漢撲滅キャンペーンを展開していたことを、ご存じだろうか。
熟女(本人曰く「JJ」)となった彼女は今、女性のみならず理不尽に自由を奪われている者のために声を上げて闘い続けている。性暴力を許さないための「行動する傍観者」キャンペーンで動画制作に協力したのも彼女だ。藤原紀香がやりそうなことではない。

バリキャリで酒とセックスにおぼれていた彼女が、どうしてこうなったのか。それは「59番」(←彼女に告白したのが59番目くらいだったから)との出会いによって、ほんとうに必要な「伴侶」を手に入れたから。それは59番にとっても同じこと。

アルテイシアさんも59番さんも、ふたりとも壮絶な子ども時代を経験し、阪神淡路大震災を経て、何度も生きることに絶望しながら、彼女は仕事と酒とセックスに、彼は格闘技と虫とマンガに、死なない理由を求めていた。そんなふたりがバーのカウンターで出会ったのは、運命だったのだろう。

これは、モテ系キャリアウーマンとモテないオタクの恋物語ではない。
牢獄に捕らわれた姫の魂をオタクのマッチョが体当たりで救い出す話。
珍獣と珍獣が遭遇した奇跡の話。割れ鍋に綴じ蓋。あるいは、孤独な2つの魂が共鳴するドラマである。

www.kyoto-np.co.jp

(こ)

福間良明『司馬遼太郎の時代』(中公新書)

司馬遼太郎は同時代性の高い作家だと思っていたが、既にその死去(1996年)から四半世紀が過ぎ、ついに中公新書で取り上げられるまでになった。福間良明司馬遼太郎の時代』。

本書では、司馬遼太郎の生涯をめぐりつつ、その作品がなぜ、どのように人々に受容されていったのかを論じていく。

本書で繰り返し挙げられるキーワードは「傍流」「二流」である。司馬遼太郎の半生は、学生生活でも、新聞記者生活でも「傍流」「二流」を歩んでいたとする。著者は言う。「このことは、優等生的なものへの燻ぶった違和感を、司馬に植え付けることとなった」と(240頁)。

そして、司馬作品が受容された状況も「傍流」「二流」と無縁ではなく、その作品を多く愛読したのは企業・役所勤めのサラリーマンやビジネスマンたちであり、文学や歴史学の「正統」とは異なる場で受容されていたという。

さらに、本書は、司馬作品が昭和50年代以降に文庫化され、通勤時に読むサラリーマン読者を持続的に生み出したこと、司馬作品には多数の「余談」がちりばめられ、一種の教養として読み込まれたこと、読者は司馬作品に「組織人としての生き方」を重ね合わせたことなどをつぶさに指摘していく。

2022年6月現在、『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『街道をゆく』『翔ぶが如く』の累計発行部数はそれぞれ2477万5500部、1976万6500部、1219万2500部、1202万4000部。複数巻があるとはいえ、とんでもない読まれ方をした作家である。これほどの作家は、今後しばらくは出てこないのかもしれない。

福間良明司馬遼太郎の時代』(中公新書


(ひ)

山本文緒『無人島のふたり 120日以上生きなくちゃ日記』(新潮社)

余命と向き合いながらの文学、というのは、いろいろとある。

2021年4月、山本文緒さんが膵臓ガンの宣告を受ける。すでにステージ4、もはや治療法はない。抗がん剤の激しい副作用とその延命効果を考えた末に、彼女は緩和ケアを選択する。

日記は5月から始まる。本人が「120日後に死ぬフミオ」と自虐的にネタにしているが、ほんとうにこのタイトルでもよかったんじゃないのかなというくらい、調子のいい日とどうしようもなくしんどい日を繰り返しながら、命の火が消えるまでの夜と朝をカウントダウンしながら、その瞬間を文字にしていく。

次第に彼女は動けなくなる。書けなくなる。オリンピックがあった。文学賞を受賞した。120日を過ぎた。ぼんやりと、次は180日かと考えてみる。腹水が溜まり始める。新刊が出た、なかなか好評。思考が少しずつまとまらなくなっていく。

10月4日。「明日書けましたら、明日。」

10月13日(178日目)、永眠。

(こ)

『正訳 紫式部日記』(中野幸一訳・勉誠出版)

年末年始はこれを読んで過ごした。中野幸一訳『正訳 紫式部日記』。

2024年の大河ドラマ「光る君へ」が紫式部ということもあるけれど、直接の契機となったのは、コミック『神作家・紫式部のありえない日々』(D・キッサン著)。紫式部を主人公にした作品であり、基本的にはコメディなのだが、史実をきっちり踏まえたりしておもしろかった。

そこで「紫式部日記」を読むことに。まずはいつもの「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」シリーズから山本淳子編『紫式部日記』(角川ソフィア文庫)で頭作りをする。毎度毎度お世話になっています。

山本淳子編『紫式部日記』(角川ソフィア文庫

そしていよいよ『正訳 紫式部日記』へ。日記の本文(原文)と並べた本文対照方式のため、気になったところはすぐ原文を見ることができて便利である。

『正訳 紫式部日記』(中野幸一訳・勉誠出版

紫式部日記」は、不思議な構成を取る作品である。まず中宮彰子出産(寛弘5年)前後の記録が長々と続き、その後で「ことのついでに」に始まる手紙文体部分が挟まり、それから2、3の断片的エピソードが続き、最後に少し先(寛弘7年)の記録で終わる。このうち手紙文体部分が挿入された経緯については議論があるらしい。

さて、この「紫式部日記」。単に華やかな宮中生活の記録かと思いきや、読んでみると紫式部の内省や煩悶がしばしばつづられることに驚かされる。

たとえば冒頭。「秋のけはひ入り立つままに、土御門殿のありさま、いはむかたなくをかし。」などとして、藤原道長の豪邸(土御門殿)の風情ある描写から入りつつも、ほどなく「憂き世の慰めには」とか「現し心をばひきたがへ、たとしへなくよろづ忘らるるも、かつはあやし。」などとして、紫式部自身が悩みや苦痛を抱いていることを示唆する。

1000年も前の日記であるが、思い悩む姿は現代人とそう変わらない。今日まで読み継がれている所以であろう。



(ひ)