コミック4選

不定期企画・コミック○選。
今回は最近読んだ中から4編をご紹介。

 

・山口つばさ『ブルーピリオド』(アフタヌーンKC)

高校生・矢口八虎。成績優秀で世渡り上手だが,どこか空っぽな毎日を過ごしていた。ところがある日,一枚の絵に心を奪われてしまい,東京藝術大学を目指すことに・・・。

美術系大学の受験がテーマではあるが,それだけにとどまらない,一人の青年の内面を掘り下げた作品。モノローグが多く,主人公の心と読者の心がシンクロする。

第7巻と第8巻は正直ちょっと・・・という展開になっていたのだけれど,先月発売された第9巻は,作品本来の良さが見事に復活。旧友との再会。ベラスケスの絵。才能なのか,努力なのか,努力できるのも才能なのか論争。そして主人公の決意――。読み応え満載の巻となった。

なお,この『ブルーピリオド』にインスパイアされてできた曲として,YOASOBIの「群青」(作詞・作曲:Ayase)がある。これがまた,いい曲。

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンKC)

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンKC)

 

松本直也『怪獣8号』(ジャンプコミックス

既にあちこちで紹介されているけれど,やはり面白いのでここでも紹介。

日比野カフカ,32歳。怪獣大国・日本において,怪獣専門清掃業として働くが,「防衛隊員」になる夢をあきらめられない。そんなある日,カフカは身体が怪獣化してしまい・・・。

シリアスとギャグのバランスが絶妙。また,主人公がオッサン(32歳だけど・・)という設定も良い。ストーリーも新鮮で,それでいて王道を突き進んでいる。他にも怪獣が地震(震災)のメタファーにもなっていたりするなど,とにかくてんこ盛りである。

第1巻はものすごくいい所で終わってしまった。次が早く,読みたい。

怪獣8号 1 (ジャンプコミックス)

怪獣8号 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者:松本 直也
  • 発売日: 2020/12/04
  • メディア: コミック

 

・つるまいかだ『メダリスト』(アフタヌーンKC)

新進気鋭の作者が描く,フィギュアスケートの物語。

トップ選手を目指しながらも,夢破れた青年・司。偶然出会った小学生・いのりの熱い思いを受け,コーチとなって世界を目指すことに・・・。

とにかく熱量が半端ない。司といのりの,フィギュアスケートに対する思い。そして,この作品を書きたいんだという,作者の思い。

「司先生は…っ 私が世界一になりたいって言ったら手伝ってくれますか?」

まだ始まったばかりなのに,目頭が熱くなる。

なお,来週には第2巻が発売されるという。絶対読むぞ~。

メダリスト(1) (アフタヌーンKC)

メダリスト(1) (アフタヌーンKC)

 

清水茜はたらく細胞』(シリウスコミックス)

体内での細胞の働きを擬人化した作品である。

アニメ化され,映画化され,数え切れないほどのスピンオフ作品が生まれた。厚生労働省のポスターにもなった。これがついに,今月発売の第6巻をもって完結。

赤血球,白血球(好中球),血小板。キラーT細胞,NK細胞,B細胞,マクロファージ。君たちの活躍を,もう決して忘れることはないだろう。

最終話は「新型コロナウィルス」。時代に即したタイムリーな話で,有終の美を飾る。

はたらく細胞(6) (シリウスKC)

はたらく細胞(6) (シリウスKC)

  • 作者:清水 茜
  • 発売日: 2021/02/09
  • メディア: コミック

(ひ)

 

大石直紀『京都一乗寺 美しい書店のある街で』(光文社文庫)

 京都の街角から、書店が次々と姿を消していっている。
 四条通ジュンク堂が閉店し、北大路の大垣書店も向かいのビブレに移った。うちの図書館に納入していた近所の本屋さんも店を畳んだ。このあいだ四条大宮西大路四条にあったブックファーストも相次いで閉店したので、阪急西院駅には、ずっと昔からあるけれどブックファーストに押されて品揃えをマニアックに特化させたパピルス書房だけとなってしまった。何年振りかで自動ドアの中に足を踏み入れ、ほとんどなくなってしまった文芸書の中からとりあえず手にしたのが『二十年目の桜疎水』だった。
 ふたたびパピルス書房に赴き、隣に立ててあった文庫本をレジに運ぶ。

 舞台は実在の「恵文社一条寺店」。「世界で一番美しい本屋10」に日本で唯一選ばれた書店として知られる。あれは書店というよりも、恵文社という特別な空間なんだと思う。
 その一乗寺商店街を舞台に4つのストーリーが紡がれる。それぞれに読み終えた後、心の奥にぽっと火がともる。桜疎水よりも、こっちの方が好きだ。

 帰りに寄る本屋がない。
 ・・・と思いながら、アマゾンと楽天ブックスのボタンを今日もぽちっと押してしまった。
 こうしてまた、街角から書店が消えていく。 

京都一乗寺 美しい書店のある街で (光文社文庫)

京都一乗寺 美しい書店のある街で (光文社文庫)

  • 作者:大石 直紀
  • 発売日: 2020/12/09
  • メディア: 文庫
 

 

(こ)

加藤シゲアキ『オルタネート』(新潮社)

ここまで話題になると,もう読むしかないっしょ。加藤シゲアキ『オルタネート』。

新見 蓉(いるる)。高校3年生。調理部の部長。
伴 凪津(なづ)。高校1年生。マッチングアプリ「オルタネート」の信奉者。
楤丘尚志(なおし)。高校中退。単身で上京。
3名の人生が,今・・・。

直球勝負の青春小説である。

物語は3名の視点を次々と変えていきながら進む。いずれも過去に傷を負い,今もなお悩みの中にいる。

蓉,凪津,尚志。いずれもいとおしく感じられる。いつまでもこの3名の日々を見守っていきたい。ずっと一緒に歩んでいきたい。そんな物語である。

終盤近く,物語は大きく動く。この疾走感は,感動すら覚える。

前作『チュベローズで待ってる』は,最後の方で物語をひねりすぎた感があった。今回は真向勝負。それがとても良かった。

「アイドルが小説を書いているのではない。作家がアイドルをやっているのだ。」・・誰かがそうつぶやいていたけれど,確かにそうかもしれないなあ。

オルタネート

オルタネート


(ひ)

青山美智子『お探し物は図書館まで』(ポプラ社)

机の上に、漬け物石のような『ロッキード』が鎮座している。時間を取って読みたいのだけれど、いつになることやら・・・。

青山さんの新刊は、例によって、不思議な縁がつなぐ5つの物語。

「何をお探し?」

司書の小町さんがレファレンスしてくれるのは、本もだけれど、人生の探しもの。

少しずつ登場人物どうしが絡み合うのも、お約束。
本作も、心がふわっとなりました。

お探し物は図書室まで

お探し物は図書室まで

 (こ)

 

町田康『ギケイキ 千年の流転』(河出文庫)

町田康訳の「宇治拾遺物語」がお腹を抱えて笑うほど面白かったので,似たようなのはないかと探した結果,たどりついたのがこちら。『ギケイキ 千年の流転』。

古典「義経記(ぎけいき)」をベースにした,源義経の物語である。

ベースと書いたが,現代語訳という範疇を大幅に超えた創作である。しかも,そうでありながら,ここかしこに「義経記」の原文が透けて見える。

物語は,源義経が現代の読者に対して語り掛けるという形を取る。とはいっても町田康の作品である。通常の語り掛けなどではない。冒頭,いきなりハルク・ホーガンの話から始まり,「ハルク判官(ほうがん)」と変換した後,自分への執着の有無という話になってから,

「私は生まれてすぐに父に棄てられた。」

と,生い立ちについての語りが始まる。ここまでわずか数行。とんでもない技量である。

会話はほぼ全編,関西弁。そのリズムとテンポが心地よい。

これから源頼朝に会いに行く,というところで終わった。続巻も出ているとのこと。できれば義経の死まで描き切ってほしい。

ギケイキ: 千年の流転 (河出文庫)

ギケイキ: 千年の流転 (河出文庫)

  • 作者:康, 町田
  • 発売日: 2018/06/06
  • メディア: 文庫

(ひ)

大石直紀『二十年目の桜疎水』(光文社文庫)

京都の書店には「京都本」コーナーがある。それでまた、けっこう品ぞろえが多いのだ。「京都本大賞」というのもあって、それなりに定着してきた感がある。
ちなみに、自分の中では『有頂天家族』が最高の京都本なんですけど。

この「京都本」というジャンルだが、個人的にはあまり好きではなくて、無理に京都を舞台にすることで、やたらと人工的ないやらしい仕上がりになってしまった失敗作にもときどき出会う。このあいだ読んだのはひどかった。京都人がよそ者の主人公をねちねちいじめる設定が最悪だった。

それで、あまりの後味の悪さに、口直しにと思ってきれいな桜の表紙の文庫本を手にした。まぁこれもベタな京都本なんだろな、と読んでみると、その予想は見事に裏切られることになる。

本書は、京都を舞台にした、6本の短編集である。ミステリーということになっているが、謎解きメインというよりも、どんでん返し6連作、というところだろうか。
先鋒の「おばあちゃんといっしょ」は詐欺師ものの王道であり、開始早々に一本とられたあと、タイトルにもなった3番手の「二十年目の桜疎水」も、疏水の桜が感情を一気に高めてくれる。三条大橋真如堂、疏水分流、曼殊院、大原、寺町、上賀茂神社と、次々と実在の場所が舞台となるものの、京都はあくまで小道具であり、京都という設定だからこそ、登場人物の描写が分厚くなっている。トリを務める「おじいちゃんを探せ」はけっこうどんよりくる設定なのだが、それでも最後はすっきりと前を向いて終わる。

ああ、おもしろかった。

第8回「京都本大賞」受賞作。

 

二十年目の桜疎水 (光文社文庫)

二十年目の桜疎水 (光文社文庫)

 

 (こ)

半藤一利『ノモンハンの夏』(文春文庫)

半藤一利氏が亡くなられた。

本ブログでもしばしば著書を紹介させていただいた。改めてその喪失の大きさを想いながら,代表作のうち未読のものを読むことに。以前にせんせいが記事の中で触れていた『ノモンハンの夏』。

1939年。満蒙国境でのノモンハン事件を描いた作品である。

暴走するエリート集団。渇きに苦しむ末端の兵士。そして絶望的な戦い。何でこうなってしまんたんだろうね・・・と思いながら読み進めた。

本作品の特徴は,国境紛争にすぎないノモンハン事件を,世界史の大きな動静の中で取り上げたところにもある。ヒトラーの野望,そしてスターリンの権謀術数。彼らに比べると,関東軍の指導者たちが,まるで子供みたいに見えてくる。

いずれにせよ,日本は日露戦争での成功体験にとらわれたままノモンハン事件に突入し,そしてノモンハン事件からほとんど何も学ばないまま太平洋戦争に突入した。歴史の大切さを,改めて思う。

ノモンハンの夏 (文春文庫)

ノモンハンの夏 (文春文庫)


(ひ)