白井聡『国体論 菊と星条旗』(集英社新書)

 今年上半期、たくさんの新書が刊行されたけれど、個人的に1位はこれだと思う。
 『永続敗戦論』で一躍論壇に躍り出た白井聡氏が、近代前半(明治維新~敗戦)と近代後半(敗戦~現在)について「国体」の形成・安定・崩壊、という3つの時代区分を設定しながら、現在日本の立ち位置を浮かび上がらせる論考である。

 戦前の「国体」(近代天皇制)に類するものは何か、それが「対米従属体制」であり、その形成期・安定期を経て、現在は「対米従属の自己目的化」のプロセスにある、ということになる。対米従属はその見返りに「アメリカの第一の子分」と「アジアで唯一の先進国」の地位を約束してくれた。しかし今、その幻想はもろくも崩れ去ってしまった。「だからこそ」なんとしてでも「アメリカに愛されなければならない」。先週亡くなった翁長沖縄県知事の沖縄と米軍と日米安保をめぐる根源的な問いかけに、日本政府と日本国民が答えることができなかった理由も、ここにある。

 そうであるならば、近代前半における「国体の崩壊」過程が破滅の道を突き進んだように、現在が「国体の崩壊過程」もまた、自滅への道をひた走っているということになる。そう、二度目は喜劇として。

 彼がこの本を書いたのは、今上天皇の静かにして烈しい「お言葉」と、それを嘲笑うかのような現政権との落差に突き動かされたからだという。平成の終わりを前に、この国はどこへ向かうのか。安倍政権がめざす憲法改正によって完成する「永続敗戦レジーム」によって、この国はどこへ向かうのか。日本だけでなく、世界秩序がゆるやかに壊れているのであれば、われわれはどこへ向かうのか・・・?

 すでに多くの書評が出され、評価は大きく分かれている。議論がアクロバティックになっている感も否めない。しかし、それを踏まえて、8月15日に読む本としては、悪くない。

国体論 菊と星条旗 (集英社新書)

国体論 菊と星条旗 (集英社新書)

(こ)

ショーペンハウアー『幸福について』(鈴木芳子訳,光文社古典新訳文庫)

話題の映画『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)見てきましたよ~。
いや~,最高!!
何を書いてもネタバレになりそうなので何も書けないけれど,もう最高!!
この作品を生み出した全てのスタッフとキャストに感謝です。ありがとう!!

(なお,画面酔いする体質の人はちょっと注意です。)

---

さて。

またまた『日経おとなのOFF』8月号から。こういう名著特集の良いところは,「本当はとてもおもしろい古典・名著なのに,まだ読んでいない作品」を気づかせてくれるところである。

今回はショーペンハウアー『幸福について』。そう,まだ読んでいなかったのです。あの苦虫をかみつぶしたような肖像画がどうも・・・とか(言い訳ですが)。まあ,今年に入って新訳が出たということもあって,読んでみた。

お,結構おもしろいじゃないか。

ざっくりまとめてみると,「幸福になるために生存している」というのは迷妄にすぎず,生にまつわるあらゆる出来事は「苦」が伴うので,できるかぎり「苦」を少なくする生き方を目指そう,というもの。そのためには「他人と比較したり,他人の評価を気にしたりしてはいけない」というんですね。自分がどういう人物かというのをしっかりと保持していけばよい,と。

・・・と,まあ,このようにまとめてしまうとチープな自己啓発本か道徳の教科書みたいなのだが,そこはショーペンハウアー,辛口である。というか,皮肉の連続である。それでいて,古今東西の古典・名著からの引用もふんだんにある。さすがショーペンハウアーベルリン大学ヘーゲルに勝負を挑んだだけのことはある(聴講学生数で上回ってやろう,という,わりと卑小な勝負。結局,華々しく負けた。)。

最終章では,「老い」について取り上げている。ここも面白かったなあ。この章だけでも,10年後か20年後,もう一回読み直してみようかな。

幸福について (光文社古典新訳文庫)

幸福について (光文社古典新訳文庫)

(ひ)

 

野澤千絵『老いる家 崩れる街』(講談社現代新書)

 オリンピックのマラソン競技ためにサマータイムの導入を検討するとかいう、頭のクラクラするような話を聞いて、この本のことをふと思い出した。

 続々と建設される新築マンションを見ながら、人は減るのに家建てて、どうなるんだろう、とつねづね思っていた。
 うちの実家は京都市郊外なのだが、空き家や空きテナントが目立ち始めていて、京都市でもそうなんだから、日本中こういう光景が普通なんだろうなぁ、くらいの感覚だった。

 きちんとした対策を今とっておかなかったら、過剰となった住宅が日本社会をむしばむ病理となる。
 オリンピックとかリニアとかで浮かれている場合じゃない。2年前に抱いた思いは、さらに確信に近くなっている。

老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書)

老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書)

 

(こ)

『ヨハネの黙示録』(小河陽訳,講談社学術文庫)

再び『日経おとなのOFF』8月号から。

名著特集の「宗教書」のコーナーで,『法華経』と並んで紹介されていたのが『聖書』である。
『聖書』かあ・・・。読んだ部分と読んでいない部分とがあるなあ。いや,むしろ読んでいない部分の方が圧倒的に多いか。
・・・などと考えながら書店の新刊コーナーを歩いていると,講談社学術文庫の『ヨハネの黙示録』の注釈付き翻訳書が積まれていた。講談社学術文庫だったら安心だよな,とか,まあ,今読まなかったら一生読まないかも,とか思って購入。

中学・高校の宗教の時間とかで「キリスト教」について教わる時間はそれなりにあったが,その内容は,「神の愛」や「隣人愛」といった普遍的な価値観の話が多く,あとはキリストの「奇蹟」や「復活」の話といった程度で,終末論の話というのはほとんど聞いた記憶がない(覚えていないだけかもしれないが)。でも,大人になってみると,この終末論,キリスト教の中では実は結構重要な教義であるように感じられてくるのである。マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』で出てきた「予定説」なんかは代表例だが,要するに,キリスト教というものは,終末論を知っておかないと理解が深まらないのではないか,と。

・・・さて,『ヨハネの黙示録』を読んでみた感想は,二つある。

一つめは,人間の歴史というのは,戦争とか,迫害とか,大雨とか洪水とか大地震とか火山の噴火とか,そしてこれらによる大飢饉だとかに何度も見舞われた,まさに苦難の歴史であったのだなあということ。このことを改めて感じさせられた。

そして,二つめは,この『ヨハネの黙示録』,西洋の歴史の中で着実に,そして幅広く受け入れられていたということ。この講談社学術文庫版では,各場面について描かれた図版が,中世のものを中心に,本当に数多く収録されている。西洋の人々にとっては,この黙示録の物語は,まさに「自分たちの物語」であったのだろう。

ヨハネの黙示録 (講談社学術文庫)

ヨハネの黙示録 (講談社学術文庫)

(ひ)

遠藤周作『女の一生 2部 サチ子の場合』(新潮文庫)

 幼馴染のサチ子と修平、そしてコルベ神父の3人の人生を交差させながら、少しずつ息苦しくおかしくなっていく時代の中で、しかしそんな時代だからこそ浮かび上がる人間愛が、静かに、熱く、円熟期の遠藤周作が筆遣いによって紡ぎだされていく。
 コルベ神父は囚人の身代わりとなってアウシュビッツで死を迎える。修平は学徒動員されて特攻隊に「志願」する。そしてサチ子は長崎の街で「あの日」を迎える。ボックスカーからファットマンを投下するパイロットが、修平とサチ子の幼馴染のジムであるという設定も、罪深い。

 

 うちの学校の中学3年生は、修学旅行に長崎に行く。
 学年主任が「担任団からの夏休みの宿題!感想文提出!」と終業式の日に生徒に配ったのが、『女の一生』であった。(去年は現代文の時間に遠藤周作『沈黙』を扱ったし、その前は林京子祭りの場』を読んだりと、学年によって違う。)
 え、女の一生ですか?、と最初思ったのだが、「ぼく、沈黙、あかんねん」と主任。
 その主任がつくってくれた解説プリントには、長崎の地図が載っていて、出てきた地名をペンで囲みながら、80年前の長崎を旅する。
 「海と毒薬」「沈黙」「母なるもの」と続いてきた遠藤周作のテーマが、ここに一気に昇華する。何度も胸が熱くなり、ため息をつきながら一気に読む。
 浦上天主堂でミサにあずかりながら、あるいは外海の「沈黙の碑」の前に立ちながら、思い出して余韻にひたってみたい。

 

 そしてまもなく、今年も8月9日がやってくる。

女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫)

女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫)

 

 (こ)

橋爪大三郎=植木雅俊『ほんとうの法華経』(ちくま新書)

『日経おとなのOFF』という雑誌があって,1,2年に一度くらい,名著特集をする。今月発売の8月号がその名著特集の号で,古今東西の様々な名著が紹介されている。この8月号を眺めながら,この本は読んだなあ,とか,まだ読んでないなあ,今度読もうかなあ,などと思っていると・・・

法華経

が出てきた。法華経? お経じゃないか? そもそも読めるのか?(失礼)。
気になったので読んでみることにした。といっても,いきなり原典の現代語訳に当たるのはハードルが高そうなので,この本にしてみた。橋爪大三郎=植木雅俊『ほんとうの法華経』。

ご存じ橋爪大三郎と,サンスクリット原典からの現代語訳を行った研究家・植木雅俊との対談である。基本的に,橋爪氏が質問し,植木氏がそれに答える,という形で進められていくのであるが,橋爪氏の質問がうまく,植木氏の解説を本当に上手に引き出している。しかも内容は単なる入門書にとどまらず,法華経の第1章「序品(じょぼん)」から第27章「嘱累品(ぞくるいぼん)」までを,一つ一つ丁寧にたどっていく(おかげで新書にしては随分と分厚くなったが)。ところどころに挿入されているキリスト教との対比や,法華経の成立過程の話(どの章がどこで後から付け加えられたか,等)も,我々の理解を助ける。

最澄が「最高の経典」と述べ,日蓮が最も大切にし,法然親鸞も修行中に学び,道元も晩年に心服した『法華経』。さらにさかのぼれば聖徳太子も注釈書(三経義疏)を書いていた。このような歴史上の人物が連綿と読み継いできたテキストを,現代に生きる僕も読んでいる(あくまで対談の中で紹介されている限りで,だけど)というのは,ちょっと不思議な体験である。

次はいよいよ,現代語訳を全部通して読んでみるか。いつ読めるのか,そもそも読み切れるのか,あんまり自信はないけれど。

ほんとうの法華経 (ちくま新書)

ほんとうの法華経 (ちくま新書)

(ひ)

小山茂仁『私学の民主化 理論と実践』(私学ニュース社)

 すみません、一般にはほとんど手に入らない変な本について書きます。
 「おすすめ」ではないのですが、けっこう(いろんな意味で)自分として考えることが多かったもので・・・。

 

 本書は1980年の刊行で、1970年代に著者が行った講演や著した論考をまとめたもの。著者は京都女子学園の教職員組合委員長や京都私学教職員組合連合書記長などを歴任した、1970年代の京都私学の組合運動をバリバリやっていた人です。当時の京都の組合運動は立命館と京都女子が中心になっていたというから、そのころの組合で行われていた議論をかなり反映させているのではないかと思われます。
 1970年代といえば、学生紛争や70年安保闘争も終わり、一方で高度成長期も終わったころになります。高校進学率が9割に迫り、事実上の全入状態に近づきつつあったころ。また、全国的には革新自治体がピークを迎えており、京都も蜷川革新府政の絶頂期でした。私学行政的には、私立学校振興助成法(私学助成)が成立し、私学関連の法制度が整った時期でもあります。今話題の「給特法」(ホワイトカラーエグゼンプションのさきがけ)が成立したのもこの時期になります。

 

 いや~~~
 時代を感じました。

 

 学園の「民主化」を主張し、自民党保守反動政権と反動経営者をコテンパンに批判し、教育づくりが私学の発展には欠かせないとして、国民のための私学をつくるために公立普通科の増設と並んで私学助成の拡充を要求し、「公費私学」論をぶちまけます。
 そんな主張をしているうちに、自民党文教族のリーダー・西岡武夫氏と、谷岡学園の理事長との鼎談がセッティングされるのだけれど、文教行政にとても詳しい西岡氏と谷岡氏が具体的な話で盛り上がるのに、小山氏だけが観念論を振りかざしてひとり浮きまくっているのは、今にして読めば滑稽でもありました。
 この「対話のなさ」は、この当時の教育学にもあてはまるように思うし、実証主義としての教育学の発展を著しく遅らせたなぁと思うのです。

 1980年代になるとこの路線を批判し「対話」を模索する動きが、京都の私学教職員運動に出てくる。一方で全国レベルでは日教組が分裂し、日教組私学部は全教に参加するとともに、全国私教連として独立を果たす。こうして、共産党のみならず、経営者との対話、保護者との連携、自民党を含む全政党へのアプローチ、という運動が、全国で展開されるようになって、現在にいたる、というわけです。

 今、「教師の働き方改革」が主張され、部活動の見直しや業務の見直しなどが話題になっているのだけれど、今の教師の働き方や権利関係が固まったのが1970年代。あのころ何があって、だから今こうなっている、というのを、この夏の間に掘り起こしてみようと思った次第。

 

 ちなみに借りてコピーとって読んだので画像はなし。ごめんなさい。

(こ)